売上アップに必要な4つの場①~店頭を整える~

おはようございます。飲食向上委員会です。飲食店経営者と働く人たちを物心ともに豊かにすることをコンセプトにし、情報発信・ビジネスマッチング・コンサルティング活動をしています。

飲食向上委員会のコンセプトはこちら

今回のテーマは・・・

店頭を整える

です。これは飲食向上委員会が掲げているメインコンテンツである「売上アップに必要な4つの場(※注)」の中の一つ目の項目となります。どんなに広告宣伝に力を入れてブランドイメージの向上を図っても顧客が広告でもったイメージと実店舗の外観が大きく違っていたら、その顧客は来店をためらってしまうかも知れません。また、来店したとしても不安や不信感を持って入店してくるかも知れません。(人の評価はマインドで左右され最初にマイナスイメージを持ってしまうとあらゆることをマイナスに捉えてしまいます。=プライミング効果)

結果お店の評価を下げてしまうということになってしまいます。

つまり実店舗での営業がメインの飲食店では店頭が好印象であることが不可欠です。

(※注)“売上アップに必要な4つの場”と“4つのステップ”についてはこちら

店頭において必要な情報とは

それでは実際に店頭(外観)にはどのような情報をいれておけば良いのでしょうか?一般的な飲食店では以下の4つの情報があれば十分です。

  • ロゴ・店名(ブランドを表すもの)
  • カテゴリーとコンセプト(どんな拘りがある何屋さんかが分かること)
  • 主力商品と価格(誰をターゲットにしているのかが分かること)
  • 営業時間・定休日(行きたいときに実際に開いているのか)

この情報をいかに店の前を通った見込み客に訴求する形で表現するかが重要です。

店頭におけるよくある間違い~離脱要素を与えるな!~

上段で見た通り、店頭に掲示する必要がある情報はそれほど多くありません。それよりも重要なことは後段で詳しく述べますが「見込み客に対して離脱要素を与えない」ようにすることです。

離脱要素とは「迷い」「違和感」など意思決定を阻害する感情を与えるような有形無形の情報です。

例えば・・・

  • メニューをそのまま張りだしてある(人は情報が多すぎると迷って購入を避ける)
  • 配色イメージを間違える(高価格帯を販売しているので黄色中心の配色の看板など違和感を感じると購入をためらう)
  • 温度が伝わらないメッセージ(パソコン文字だけの情報など商品との距離感を感じると比較をしたくなり購入をさける)

食事は本能なので、選ぶ際には感覚で選ぶことが多いです。(逆に理で選ぶ人は外に出る前に何を食べる決めてくる可能性が高いので店頭で迷うことが少ないですよね。)これは店内のレイアウトにも言えることですが、「違和感」をなくすことが選択されやすいお店への第一歩なんです!

大切なのはコンセプトとの整合性

それでは違和感をなくすためにはどのよう対策を打てばよいのでしょうか?

そのためにもっと大切なことは

自店のコンセプトを明確にすること

です。あなたのどんな人で、どんな思いでお店を運営して、どんな商品作ってをどんな方に食べて(飲んで)もらいたいのでしょうか?

それが明確になると、訴える情報に重みと厚みが増してきます。そうなれば自分でホワイトボードにメッセージを描くにしても、業者に看板製作を依頼するにしても「説得力=ウリ」が生まれてきます。

まずは自分のお店・商品のコンセプトを明確にしてあなたのお店を「ウリ」を明確にしていきましょう。

コンセプト設計の方法について詳しく知りたい方はこちら

言葉と非言語を上手く使う

オーラという言葉があります。それが可視できるのか色があるのかは私にはわかりませんが、その人が持っている雰囲気とか存在感とかは確実に感じることができます。

これはその人だけでなく、お店自体や商品などにも必ず伝わっていきます。

また、心理学の世界ではコミュニケーションのうち言語情報は10%以下で視覚・聴覚などの感覚情報がほとんどを占めるという説もあります。

これが先に述べた文字情報として発信することは4つで良いということと繋がっていきます。それよりも「非言語で」

  • 安心できそう
  • 美味しそう
  • お得そう

と「感じて」もらえることが大切なのです。

ビジネスに使える心理学についてについての関連情報はこちら

実際の良い事例

ここに挙げる事例を募集しています。詳しくはパワーパートナー募集から

まとめ

いかがだったでしょうか。外観を少し変えるだけで顧客の入店の流れが一気に変わることはよくあることです。

  • 自店のコンセプトを練り直す
  • コンセプトに則ったデザインや情報を店外に設置する
  • 繁盛している雰囲気を醸し出すちょっとした工夫をいれる

ことでお店の集客力は一気に変わります。

看板を付け替えるとなるとコストがかかりますが、A看板やブラックボードの活用などでうまく集客を実施してみましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。今日もあなたのお店がたくさんの顧客で賑わいますように!

飲食向上委員会では毎週月曜日に無料メルマガを発行しています。売上アップ・人材・商品開発・仕入などあなたのお店に役立つ情報が満載です。

飲食店経営に役立つ情報満載の無料メルマガ登録はこちらから